角質層の保湿

乾燥肌や敏感肌の方は、基礎化粧品に含まれている成分が原因で肌にピリピリとした刺激を感じたり、ひどい時にはかゆみやかぶれを起こしたりします。
しかし、最近では無添加化粧品などの成分的に安心できて、低刺激なものもどんどん増えてきています。
肌が弱い方が避けるべき物質が合成界面活性剤です。多くの化粧品に含まれていますが、洗浄力や脱脂力が強すぎて、肌の弱い方には刺激になってしまいます。
また、防腐剤や添加物にも注意が必要です。肌に反応して刺激を感じるものは、即刻使用を中止して、肌を回復させてあげるのがベストです。
無添加系などの低刺激で安心してスキンケアを行なえるものを使用し、肌トラブルを改善して自信の持てる肌になるのが理想的です。

肌の保湿成分にはたくさんのものがありますが、乾燥肌や敏感肌の方に向いているのがセラミドです。
肌表面の細胞間脂質というところにある成分で、肌から水分が逃げないようにしっかりと守っていて、外から異物が侵入しないようにガードする役目を持っています。
肌にはこのセラミドや皮脂などを始めとした、バリア機能が備わっています。
しかし、肌の弱い方はバリア機能が低下しているため、異物が肌に侵入しやすくなっていて、このせいでかゆみやピリピリ感などを引き起こしてしまいます。
肌の弱い方でも安心して導入できるのがセラミドです。
刺激がなく肌に元々ある成分なので、保湿力を高めてバリア機能の修復にとても役立ちます。
化粧品の種類によってセラミドの種類も違うため、しっかりと確認して天然のものを選ぶのが良いでしょう。