無添加のもの

肌のコンディションを整えて少しでも美しく見えるように、女性の方は毎日スキンケアを行なっています。
しかし、やり方を間違えていると肌にダメージを与えてしまって、肌トラブルを増やしてしまうことにもなりかねません。
まず、一番肌に負担になるのがクレンジングです。
擦ったり力を入れすぎたりせずに、クレンジング剤の油分でメイクを浮かせるように優しくクレンジグするのが大切です。
洗顔ではたっぷりと泡を立てて、泡で汚れを落とすようにしましょう。
また、すすぎの時のお湯の温度は低すぎても汚れが落ちないですし、高すぎても皮脂などを取りすぎてしまいます。
適温は32度程度とされているので、なるべくそれに近い温度ですすぎを行なうのがおすすめです。

肌に水分を与えてみずみずしく保つ役割を持っているのが化粧水です。
スキンケアの8割は化粧水で完了するとも言われるほど、化粧水はとても重要なアイテムなのです。
毎日の癖でやっている化粧水の付け方が、実は肌を乾燥させることになっているかもしれません。
付ける時には擦ったり力を入れてパッティングしてしまうと、肌にダメージを与えてしまいます。
コットンや手に化粧水を取って、少量ずつ丁寧になじませていくのが基本です。
とにかく肌に刺激を与えないというのを心がけて付けていくようにしましょう。
また、高い化粧水を少量使うよりも、グレードを落としてでもたっぷりと使う方が肌が潤います。
値段にこだわらず良い化粧水はたくさんあるので、サンプルなどで試して自分の肌に合うものをたっぷり使うというのがコツです。